【解決編】40代の疲労回復の鍵は飲み会疲労から脱却するあの『ミカタ』

【解決編】40代の疲労回復の鍵は飲み会疲労から脱却するあの『ミカタ』日ごろのケア

今回は40代の疲労の大きな要因となる”飲み会疲労”の対策を紹介します。日々の会食や接待からの”飲み会疲労”からの卒業を図り、疲労回復・疲労軽減に繋がるヒントを紹介します

何かと多い40代の会食・飲み会事情

【必見】40代の疲労回復の鍵は”飲み会疲労”から脱却するミカタを見つけることにあった01

年齢と共に望まない「飲み会」や「会食」も増えてくるのが40代男性の宿命。
おじさんってなんであんなに飲むのが好きなの?と思っていた若手時代

年齢と共に後輩や部下も増えてきたり、仕事の関係で繋がる人脈も増え、職場のイベントなどにも参加していたりするとか夜の付き合いの数は望まぬ形でもどんどん増えていってしまうのが実情のようです

2018年に日本経済新聞社が行った調査では、40代男性の約4割が「仕事での飲み会に参加することが多い」と回答しています。
また、飲み会に参加する理由としては、「上司や同僚とのコミュニケーションを図るため」が最も多く、次いで「仕事上の付き合いだから」、「楽しいから」などの理由が挙げられています。

「楽しい」会に常に参加できればそれはそれで良きことではありますが、全部がただ楽しいわけではないのも事実。

得意先との接待ではお店をピックアップして、年齢層高めの人の武勇伝を聞き流して、行きたくもない2次会・3次会にも行っているおじさんたちの苦労は、中々計り知れないものだったりします。

また、今回のテーマである40代男性の疲労感についても、2017年に日本酒造組合中央会が行った調査では、40代男性の約3割が「飲酒後に疲労感を感じる」と回答しています。

また、飲酒後に感じる不快な症状としては、「二日酔い」、「睡眠不足」、「胃もたれ」などが挙げられています。

二日酔いもさることながら、40代男性が感じるのは若手時代よりも「睡眠不足」の疲労度が増している点などが、日々のダルさ、体の重さに直結しているのではないかと思います。

中間管理職的ポジションで日々のストレスを溜めながら、プライベートでも家族や友人たちと向き合うことで見えないところでの疲労は蓄積しているもの。
そこに飲み会がプラスされ、二日酔いと睡眠不足が混ざってくると、体が重くなるのは当然のことかと思います。

せめて、この飲み会や会食でアドオンされる疲労度だけでも軽減させることができれば、日常のパフォーマンスも割とマシになってくれることは自明です

40代以上の男性が実践している二日酔い対策

【必見】40代の疲労回復の鍵は”飲み会疲労”から脱却するミカタを見つけることにあった02

そんな中で、40代以上の男性が実際に実践している二日酔い対策はどんなものがあるか

以下のサイトで紹介されていたケースを紹介します
400人に聞いた!二日酔いに効果のある対策・サプリメントとは? | サプリポート by スタルジー (stalgie.co.jp)

・ウコンを摂取する

ウコンは、肝臓の働きを高めてアルコールの分解を促進する効果が期待される食材。
ウコンに含まれるクルクミンという成分が、アルコールやアセトアルデヒドの毒性を抑えると言われています。
ウコンは、飲む前や飲んだ後にサプリメントやドリンクとして摂取することはかなり王道ですよね。

水分補給をする

水分補給は、アルコールの利尿作用によって失われた水分や電解質を補うために必要な対策です。
水分補給をすることで、脱水症状や血液の粘度上昇を防ぎ、頭痛や倦怠感などの症状を軽減することができます。
水分補給は、飲む前・飲む時・飲んだ後の各タイミングで行うことが望ましいとのこと。

実はこれを実践できていない人が多い気がします。
急に二日酔いになった後に水分を摂ればいいわけではないという点が重要です。

消化の良い食事をする

消化の良い食事は、胃腸への負担を減らすために有効な対策です。
お酒を飲む前には、空腹を避けるために野菜や炭水化物などを摂るべきとのこと。

お酒を飲んだ後には、胃粘膜を保護するために乳製品や卵などのたんぱく質を摂ると良いとのこと。
また、二日酔いの朝には、おかゆやうどんなどの柔らかくて消化の良いものを食べるのが重要そうです。

・睡眠をとる

睡眠は、アルコールの影響で疲労した身体や神経系を回復させるために必要な対策。
睡眠中には、肝臓や脳などの臓器が活発に働き、アルコールや有害物質を排出。

睡眠不足は二日酔いの症状を悪化させることがあるため、十分な睡眠時間を確保が求められます。


・適量を飲む

最後は言わずもがな…な話。
適量は、二日酔い予防において最も重要な対策です。

お酒の飲み過ぎは、肝臓や胃腸などの臓器に負担を掛け、二日酔いの原因となります。

お酒の適量は個人差がありますが、一般的には、1日当たりのアルコール摂取量が男性で40g以下、女性で20g以下とされています。自分の限界を知って、飲みすぎないように心掛けることが重要です。

【必見】おすすめの二日酔い対策紹介

【必見】40代の疲労回復の鍵は”飲み会疲労”から脱却するミカタを見つけることにあった03

上記の対策の1つにも含まれていたウコンなどの二日酔いサポートサプリやドリンク。

コンビニや駅の売店などで買いやすい以下のドリンクなどを購入する人が大半なのかなと思います。

・ウコンの力
・ヘパリーゼ
・KANZO
・ソルマック


よく、飲み会のメンバー等に合わせて通常の商品とは別にプレミアムやMAX系の少し値段が高いドリンクを選択することがありますよね…
果たして、それが効果的なのわかりませんが…それを飲んだことによってプラシーボ効果的な面を期待してしまうものです。

また、薬局などで目にするDHCなどのサプリメント系の商品のひとつとして「ウコン」の錠剤を手持ちで持っている方もいれば、ハイチオールCのように商品としては二日酔対策専門のイメージが無い商品が割と効くと言って飲んでいる人も目にしますよね。

人それぞれ、誰かから教えてもらったり、自分で見出した対策を持っているのが現在の「二日酔対策」といった感じでしょうか。

そんな中で、今回かなり有効性を感じている商品があるので最後に紹介だけしておきます。

<おすすめ商品>
味の素 ノ・ミカタ プラム風味 30本入箱

nomikata01
nomikata02


これです。
味の素から出ている「ノ・ミカタ」という商品です。

こんな感じで、スティックタイプで入っているので、飲み会の度に財布などに入れて持って行ってます。
また、帰宅後の睡眠前や、飲み会の翌日の朝にも飲むことでかなり体が楽になり、今では手放せない商品となっています。

お薦めな点はやはり「効果的」であり「持ち運びやすい」ところ

その他の特徴
味が「プラム味」になっていてかなり飲みやすい
水なしでも飲める顆粒タイプ
「アミノ酸アラニン」が約30分で体内にスピーディーに吸収される(ので効き目が早い)



といった感じです。


ウコンの力やソルマックなどのドリンク系はもう買わなくても十分なサポーターを手に入れた。
そんな感触です。

この記事を書いている段階では、あまりコンビニや駅の売店などでは発見できていないので、普段はドラッグストアなどに行って購入しています。

Amazonや楽天などネット購入もできるみたいなので、
参考までに公式ページのリンクを貼っておきます。
(も、もしかして薬局で買うよりこっちのが安い…?)

■Amazonの商品ページはこちら


■楽天の商品ページはこちら




もし、日々の二日酔いに悩まれていて、
何か有効な手はないだろうかとお探しの方がおりましたら是非一度お試しください。

よく試しに1~2本スティックを譲ったりすることがありますが、
結果としてリピートされている人、多いです。

まとめ

【必見】40代の疲労回復の鍵は”飲み会疲労”から脱却するミカタを見つけることにあった04

今回は、何かとお付き合いの多い40代男性が悩む疲労。その1つの要因として二日酔の対策を向上させることで最低限のパフォーマンスを維持していくことの重要性と取りうる対策例を紹介しました。


常にダルさを解消できると仕事やプライベートも気合入ります。
ぜひ、この記事を参考に自分なりの対策を見つけていってもらえると幸いです。


ちなみに…。
会食や接待なんてそもそも行かなければ対策になる。

そんな考え方もあります。
とはいえ、40代を越えるとそんな尖った行動が逆にリスクとなるケースもあるようです。

ぜひ、自身の置かれている環境や立場に沿った対策を実践していきましょう。


★最後に★
BunBunBunでは40代を迎えたおじさん初期の男性が「アンチエイジング」「ストレスケア」「リスキリング」「ビジネス」「趣味」の領域において今後どんな対策やケアを講じればもう1つ高く翔べるかをテーマに記事を展開しています

以下の記事がまとめ版となっていますのでご自身にあったテーマを見つけていただければ幸いです
【まとめ】40代を迎えた男性がこの先の人生を考える上で避けては通れない5つの要素

タイトルとURLをコピーしました