“ストレスフリー”な人生を手に入れよう!40代男性のアンガーマネジメント術

ストレスフリーな人生を手に入れる! 40代男性のためのアンガーマネジメント術日ごろのケア

今回はストレスフリーな人生を送りたい40代の男性が意識すべきアンガーマネジメントの重要性についてまとめてみました。衝動的な怒りによって公私ともに積み上げてきたものを一気に失うリスクがあるのがこの時代です。アンガーマネジメントを取り入れて、最低限のリスクヘッジをしておきましょう。

アンガーマネジメントって何?

"ストレスフリー"な人生を手に入れる! 40代男性のためのアンガーマネジメント術01

アンガーマネジメントとは、怒りの感情を適切にコントロールするための心理トレーニングです。
怒りは人間にとって必要な感情ですが、過剰になると自分や周囲に悪影響を及ぼすことがあります。

特に40代のおじさんは、仕事や家庭でさまざまなストレスやプレッシャーにさらされているため、怒りを感じやすい傾向にあるようです。
立ち位置的に責任を負わされたり、家計を支える大黒柱としてのプレッシャーも大きいですしね。

※40代の男性が感じるストレスの根源については以下の記事にまとめているのでご参考にどうぞ


そんなストレス社会において重要となってくるのがアンガーマネジメント。
アンガーマネジメントを身に付けることで、自分の感情を理解し、冷静に対処することができるようになります。

アンガーマネジメントには以下のようなメリットがあります。

  • 自己分析ができるようになる
  • ストレスが軽減する
  • コミュニケーションを円滑にする
  • 価値観の違いを受け止めやすくなる
  • パワーハラスメントの防止になる
  • 仕事の生産性向上につながる

アンガーマネジメントを実践するには

"ストレスフリー"な人生を手に入れる! 40代男性のためのアンガーマネジメント術02

では、具体的にどのようにアンガーマネジメントを実践すればよいのでしょうか。

ここでは、基本的な3つのステップと、それぞれの工夫を紹介します。

1. 衝動のコントロール

怒りを感じた瞬間に、すぐに反射的に言動をすると、後悔することが多いです。

そこで、衝動をコントロールするための代表的な方法が「6秒ルール」です。

人間は怒りを感じてから、理性が働くまでに約6秒かかると言われています。

そのため、怒りを感じたら頭の中で1から6まで数えてみましょう。
その間に自分の感情や状況を客観的に見直すことができます。

また、深呼吸や水を飲むなどしてリラックスすることも効果的です。

2. 思考のコントロール

怒りの感情は、自分が抱く「~するべき」という価値観や期待が裏切られたときに生じます。
しかし、人によって価値観や期待は異なりますし、自分の価値観が常に正しいとは限りません。

そこで、思考のコントロールとは、自分の価値観や期待を見直し、相手の立場や状況を考えることです。

例えば、「部下は締め切りを守るべきだ」という価値観がある場合、部下が締め切りに遅れたら怒りますが、「部下は締め切りを守ろうと努力しているかもしれない」「部下は他の仕事やプライベートで忙しかったかもしれない」という思考に切り替えることで、怒りを和らげることができます。

3. 行動のコントロール

衝動や思考をコントロールした後は、行動のコントロールが必要です。
行動のコントロールとは、怒りの感情を適切に表現し、問題解決に向けて行動することです。

怒りの感情を表現するときは、相手に攻撃的にならず、自分の感情や考えを冷静に伝えることが大切です。

例えば、「お前はダメだ」という非難ではなく、「私は締め切りに遅れると困る」という要望を伝えることです。

また、問題解決に向けて行動するときは、相手と協力して解決策を探すことが重要です。
例えば、「次回からはどうすれば締め切りに間に合わせられるか」「私はどうサポートできるか」などの話し合いをすることです。




アンガーマネジメントの基本的な3つのステップとその工夫です。

アンガーマネジメントは一朝一夕に身に付くものではありませんが、日々の練習や反省を重ねることで、自分の感情をコントロールできるようになります。

組織としてアンガーマネジメントを取り入れた例

"ストレスフリー"な人生を手に入れる! 40代男性のためのアンガーマネジメント術03

CASE1:大手飲料メーカー

この企業は、営業部門の社員のストレスやコミュニケーション不足による業績低下や離職率の高さに悩んでいました。
そこで、アンガーマネジメントの研修を全社員に対して実施しました。

研修では、自分の怒りのタイプやトリガーを知り、怒りを感じたときに冷静になる方法や相手との対話の方法を学びました。

研修の効果は、社員の満足度やモチベーションの向上、コミュニケーションの改善、顧客満足度や売上の増加などに現れたとのことです。

社員は、自分の感情をコントロールできるようになり、クレームや競合との交渉などにも対応できるようになりました。
また、部署間や上司と部下との関係も良好になり、チームワークが高まりました。

この企業は、アンガーマネジメントを経営戦略の一つとして位置づけ、定期的に研修を行っているとのことです。


CASE2:中小製造業

この企業は、製品の品質管理や納期管理に厳しい要求があるため、工場内でのストレスが高く、作業員や管理職の間でトラブルが多発していました。

そこで、アンガーマネジメントの研修を工場長以下の全員に対して実施しました。

研修では、自分の怒りの原因やパターンを分析し、怒りを感じたときにリラックスする方法や問題解決する方法を学びました。

研修の効果は、作業員や管理職の間での信頼関係や協力関係の構築、作業環境や安全性の向上、製品の品質や生産性の向上などに現れたとのことです。

作業員や管理職は、自分や相手の感情を理解し、建設的なフィードバックや意見交換ができるようになりました。また、ストレスが軽減され、作業効率やモラールが高まりました。

この企業は、アンガーマネジメントを人材育成や組織風土改善の一つとして取り組んでいるとのことです。

CASE3:大学病院

この病院は、医師や看護師など医療従事者が多く働くため、患者や家族からのクレームや苦情に対応することが多くありました。
そこで、アンガーマネジメントの研修を医療従事者全員に対して実施しました。

研修では、自分の怒りのレベルやサインを知り、怒りを感じたときに適切な対処法や表現法を学んだとのこと。

研修の効果は、医療従事者のコミュニケーションスキルや対人関係スキルの向上、患者や家族との信頼関係や満足度の向上、医療ミスや訴訟の減少などに現れました。

医療従事者は、自分の感情を管理できるようになり、患者や家族の感情やニーズにも寄り添えるようになったとのことです。

また、同僚や上司との関係も改善され、チーム医療が円滑に進められるようになりました。この病院は、アンガーマネジメントを医療の質や安全性の向上の一つとして重視しているようです。

まとめ

今回は40代のおじさんが意識すべきアンガーマネジメントの重要性と導入する工夫についてまとめてみました。

アンガーマネジメントを導入して自分をコントロールするメリットを理解し、まずは衝動のトリガーとなる自分の行動や思考を見直してみることが重要となります。
実践できるところからトライ&エラーを繰り返していくことで自然と身に付けていく必要がありそうです。

また、組織においてもこのアンガーマネジメントを取り入れることによって集団でのコミュニケーションの健全化や組織力向上に役立てることができます

管理レイヤーの立場にいる人も多い40代の男性にとって、ビジネス面でも導入検討するメリットはありそうです

アンガーマネジメントを自分のものにして、健やかな毎日と安定した成果を獲得しに行きましょう

★最後に★
BunBunBunでは40代を迎えたおじさん初期の男性が「アンチエイジング」「ストレスケア」「リスキリング」「ビジネス」「趣味」の領域において今後どんな対策やケアを講じればもう1つ高く翔べるかをテーマに記事を展開しています

以下の記事がまとめ版となっていますのでご自身にあったテーマを見つけていただければ幸いです
【まとめ】40代を迎えた男性がこの先の人生を考える上で避けては通れない5つの要素

タイトルとURLをコピーしました