業務効率向上の鍵!ビジネスパーソンのための酸素カプセル活用術

ビジネスパーソンのための酸素カプセル活用術_00日ごろのケア

現代のビジネス環境では、仕事のストレスや疲れがつきものです。しかし、40代のビジネスパーソンにとって、酸素カプセルが驚くべき効果をもたらしています。仕事の合間にわずかな時間を利用して酸素カプセルを活用することで、生産性向上や業務効率化が期待できます。本記事では、ビジネスパーソン向けの酸素カプセル活用術を紹介し、仕事における最適なパフォーマンスを引き出す方法について探求してみましょう。

生産性において負のスパイラルを抱える現代のビジネスパーソン

ビジネスパーソンのための酸素カプセル活用術_01

ビジネスパーソンにとって、忙しい日々は睡眠不足や疲労の蓄積を招きがちなもの。

長時間の業務やプロジェクトのデッドラインに追われ、常に高いパフォーマンスを維持しようとするプレッシャーに直面しています。このような状況下で生じる寝不足や疲労は、集中力の低下や体調不良といったリスクを引き起こす可能性があります。

そして、これによって業務効率が上がらなかったり、成果に繋がらないという言わば”負のスパイラル”に突入することとなり、それは大きなストレスにもつながっていく可能性があります。
日々の健康管理的にも大きな懸念が生まれてきますよね。

まずもって仕事の合間に限らず、夜遅くまで仕事をしてしまうことが多いビジネスパーソンは、十分な睡眠時間を確保することが難しくなりがち。睡眠不足は認知機能の低下や判断力の鈍化に繋がり、業務においてはミスや効率の低下を招く要因となります。

さらに、疲労が蓄積するとストレスへの耐性が低下し、心身のバランスが崩れやすくなります。仕事におけるストレスは生産性を低下させるだけでなく、健康にも悪影響を及ぼします。慢性的なストレスは免疫機能の低下や心疾患、うつ病といった症状を引き起こす可能性があります。

こうした状況を踏まえて、ビジネスパーソンが健康な状態を維持し、仕事におけるパフォーマンスを向上させるためには、日常的な生活習慣の見直しが求められます。

今回はその生活習慣を簡易的に改善していく手段の1つとして、短時間で効果的なリフレッシュができる『酸素カプセル活用』について提案していきたいと思います。

筆者も通い始めて約1年程度ではありますが、これにより、仕事の合間に取り入れることで、寝不足や疲労からくるリスクを軽減し、ビジネスパーソン自身の健康と生産性を向上させる手段となることを期待したいですね。

酸素カプセルとは?

酸素カプセルは、小型の密閉された容器内で高濃度の酸素を供給する装置です。
このカプセル内では、通常の大気よりも酸素濃度が高く保たれ、利用者はリラックスしながら深呼吸ををしたり、睡眠をとることで、通常生活よりも効果的・効率的な酸素補給が可能となります。

現代では、以下のようなシーンで酸素カプセルの活用が可能となってきました。

活用の場面

  1. 整骨院
    街の整骨院や整体などの施設で酸素カプセルの利用を提供している施設が年々増えてきています。もちろん地域差はあるかと思いますが、自身の職場環境や自宅周辺を歩いているだけでも注視していれば数件は見つけることが可能な程度に普及されてきています。整骨院によってプランはわかれますが、酸素カプセルのみを利用するケースと、施術付きで利用ができるケースが提供されている感じです。
  2. 専門の酸素カプセル利用施設
    ネットで検索したり、ホットペッパービューティーなど美容施設系アプリでの検索によって専門の酸素カプセル利用施設を見つけることも可能です。整骨院と異なり、酸素カプセルをただ利用する目的で施設を活用できるので、スムーズな利用を検討したい方にはおススメとなります。
  3. トレーニングジム
    最近ではジムなどのトレーニング施設に酸素カプセルが置いてあるケースが増えてきました。ジムの利用後やエクササイズの合間に酸素カプセルを活用することで、運動後の疲労回復を促進し、トレーニングの効果を最大化させることができるようです。普段の健康を意識してジム通いをしている方にとっては、一石二鳥な利用が可能となります。ただ、施設においてある1台をニーズは高い環境で取り合う形となるので、利用待ちが発生したり、効率的に利用するためのハードルが高い面があります。
  4. オフィスや宿泊施設での提供
    会社の福利厚生の一環として酸素カプセルを導入している企業も増えてきている状況です。仕事の合間に活用できるようなメリットはかなり大きそうです。また、ビジネスホテルや宿泊環境によっては酸素カプセルを提供しているところも存在します。出張や観光先でも疲れた体を癒し、体調管理に役立てることができるのはありがたいですよね。

マッサージや整体と何が違うの?

酸素カプセルにはマッサージや整体に通うこととは異なるいくつかの独自メリットが存在します。

その特徴的な点を以下に紹介しておきます。

  1. 睡眠が可能
    酸素カプセル内では安全かつ快適な環境が整えられており、リラックスした状態で睡眠をとることができます。30分、60分、90分等、利用時間は選択できる場合が多いですが、ただカプセルの中に入って過ごすだけなので、この利用時間を全て睡眠に当てることも可能です。仕事の合間や疲れた体を癒すために、短時間の睡眠が可能となり、集中力やパフォーマンス向上に寄与します。
  2. スマホ・電子機器利用が可能
    酸素カプセル内でのセッション中、スマートフォンやタブレットなどの電子機器を利用できます。仕事のメールの確認やスケジュールの調整など、効率的な仕事を進めながら、同時に酸素を取り入れることができます。極端な話、Youtubeなどを活用してウェビナーを閲覧したり、仕事に必要なスキルや英会話等を並列で学びながら活用できるダブルミーニングを成立させやすいリフレッシュツールでもあります。
  3. 時間の有効活用
    マッサージや整体は時間を取られることが一般的ですが、酸素カプセルは比較的短時間で効果を発揮します。提供施設によってプランは異なりますが、前述のとおり30分等の短時間利用も可能です。これにより、忙しいビジネスパーソンが限られた時間内に効果的なリフレッシュを図ることが可能となり、サクッと利用して仕事に戻ることも考えられる選択肢となってきます。
  4. 個室での利用
    酸素カプセルはただカプセルの中に入るという意味では、個室でリフレッシュ環境が提供されることに等しいこともあり、プライバシーが確保されています。マッサージや整体施設によっては施術者とのコミュニケーションが発生することがあり、これを嫌う人も割と多いようです。極力気兼ねなく癒されることを目的としたいビジネスパーソンにとって、この閉鎖された空間はお薦めポイントの一つとなります。リフレッシュしたいのに気疲れするのは本末転倒ですしね…。

酸素カプセルを利用することで期待される仕事への影響

ビジネスパーソンのための酸素カプセル活用術_03

仕事の合間に効果的な酸素補給

忙しいビジネスパーソンにとって、仕事の合間にリフレッシュタイムの為の時間を割くのは難しいことかもしれません。しかし、酸素カプセルを提供している施設の発見や予約方法の簡易さなどによっては、気軽に、わずかな時間で十分な効果を得られる可能性があります。

施設によっては異なりますが、空き時間の可視化やLINEで予約ができる等、様々な提供施設が出てきているので割と利用のハードルが低くなっている状況です。
その為、わずかな時間で十分な酸素を取り入れ、リフレッシュした状態で仕事に戻ることも現実的となってきました。

集中力とクリエイティビティの向上

酸素は脳の機能に直結しています。仕事中に酸素カプセルを利用することで、脳への酸素供給が増加し、集中力やクリエイティビティが向上します。

これにより、複雑な業務にもより効果的に取り組むことができ、新しいアイディアや解決策を生み出す能力が高まります。
スキルや知識も大切ですが、結局は集中力がモノをいうのがビジネスの世界。
気が抜けているだけで、成果は激減します。

また、閉鎖されている環境でもあるので当日や翌日に待っている業務の予習や練習に時間を当てることもできたりします。職場でやるより逆に集中できる可能性があるので一度試してみるのもいいかもしれません。

ストレス軽減と心身のリフレッシュ

ビジネスパーソンにとって日常的なストレスは避けられませんが、酸素カプセルの利用はストレス軽減に効果的です。深い呼吸とリラックスした状態で酸素を摂ることで、心身がリフレッシュされ、仕事に対するストレスへの耐性が向上します。

予め酸素カプセルを予約しておくことで、その日までにある程度疲労を持ち込んでも安心であるという謎のストレス軽減効果もあったりします…(これは人それぞれの感覚)。

また、家に帰ってからも家族と向き合う時間に費やしがちな30代・40代以上のビジネスパーソンにとって、「1人時間」を創出するための一つのキッカケとできる点もメリットかと思います。

仕事効率の向上と業務効率化

前述のとおり、疲れた状態での業務は効率が悪く、ミスも生じやすいもの。酸素カプセルを活用することで、疲れを軽減し、仕事に対する集中力を保つことで負のスパイラルからの脱却を図ることができるかもしれません。

逆に業務効率が向上し、仕事の質も向上することで良好な業務の循環を手に入れることができる可能性を秘めている対策のひとつです。

言わずもがなですが、前述のとおり「1人時間」があると、業務整理やスケジュール・戦略の練り直し、乃至はキャリアパスの見つめ直しをする時間に活用できたりします。
そういった点も、ビジネスパーソンにとっては不可欠な要素と言えるでしょう。

まとめ

今回は、ビジネスパーソンが『酸素カプセル』の利用を取り入れることによって得られる業務の効率化やストレス軽減の期待値に関して紹介しました。

酸素カプセルをワーキングマンの新しい習慣として取り入れることで、健康維持と仕事の両方にプラスの影響を与えることが期待できます。日常的に酸素カプセルを活用することで、ストレスの蓄積を防ぎ、より充実したビジネスパーソンとしての日々を送ることができるでしょう。

前述のとおり、実際筆者も週1回ペースで活用を続けていますが、疲労感や睡眠の質に悩まされることが少なくなってきているように思えます。
ただ、いい話だけが全てではなく、ある程度の短い間隔での継続利用が有効である点や、継続利用にはコストがそれなりにかかる点を受け入れる必要があります。

その為、慢性的な疲労や、睡眠問題を抱えていて、本当に改善する手立てを模索している人であれば、ぜひ解決策模索の1つとしてチャレンジしてみるくらいに受け取ってもらえたらいいかなと思います。

人それぞれ、実感値は変わってきそうなので、まずはお試しからはじめてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました